Delta's Weekly Report Vol.144

▼第144号
----------
2014/12/22
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.144
───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第144号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.データボックス【2014投手打球種別wOBA】
5.お勧め書籍
6.おしらせ

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】

■News4 FA人的補償はヤクルト次第、巨人から有望選手流出の恐れ

ロッテ、成瀬移籍「基本的には人的補償」
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141210-1407251.html
ロッテ本気!?FA成瀬の人的補償に燕・つば九郎を電撃指名
http://www.sanspo.com/baseball/news/20141217/mar14121705020002-n1.html
ヤクルト 巨人から選手名簿届く FA移籍相川の補償
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00000031-spnannex-base
人的補償で飛び交う情報戦 ヤクルトの狙いはやはり「投手」?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00010003-fullcount-base
ヤクルト、巨人から人的補償リスト到着も…決められぬ事情
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20141219/bbl1412191140004-n1.htm

先週18日、FA宣言をして巨人に移籍した相川亮二選手の人的補償として、
巨人からヤクルトに獲得可能選手のリストが提出されました。
ヤクルトは同時に、FA宣言をした大引啓次選手、成瀬善久投手の
人的補償も元球団の日本ハム、ロッテに対し行う必要があり、
両球団の動向により巨人から得る選手が決まりそうです。

つづきはこちら


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2.今週のデータ分析【Student】

守備力(UZR)の変動性


はじめに

これまでの分析では、守備力(UZR)のシーズン間の変動性と
UZR値とエラーとの関連を分析してきました。
今回は、前年からの変化という観点からデータを見てみたいと思います。
有名どころではBABIPという指標は、前年の成績が平均と比較して高い、
もしくは低い場合は、翌年の成績が平均に近づくことがわかっています。
つまり、前年の成績が非常に高ければ翌年は低下し、
前年の成績が非常に悪ければ翌年は成績が良くなる傾向があるということです。

このような性質がUZRでも見られるだろうかというのが今回のテーマとなります。

つづきはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5.お勧め書籍


WEB+DB PRESS Vol.84
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4774169552/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4774169552&linkCode=as2&tag=deltagraphs-22

技術関連の書籍ですが、DELTAの蛭川氏が
「メジャーリーグのデータで学ぶ統計分析」の特集を担当。
25PのボリュームでMLBのデータを用いて
統計分析についてわかりやすく解説しています。

---------------------------------------------------------------------

DELTA関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html
___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
___________________________________

Delta's Weekly Report Vol.143

▼第143号
----------
2014/12/15
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.143
───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第143号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.データボックス【2014打球種別wOBA】
5.お勧め書籍
6.おしらせ

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】

■News6 球団ペイロールの異変1〜リーグ最下位で予算上昇のヤクルト〜  

ヤクルト、珍現象に悲鳴 2年連続最下位なのに年俸下げられない!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000007-ykf-spo
ヤクルトの山田、5800万円増=来季は「トリプル3」を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000126-jij-spo
山田、同じ背番の“先輩”青木に並ぶ昇給額 今季の最大アップは…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000123-spnannex-base
ヤ田中浩40%減7500万も7ポジション挑戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000057-nksports-base

先の記事でも触れましたが、ヤクルトの山田哲人選手は先週10日に契約交渉へと臨み、
今季2200万円から5800万円アップの年俸8000万円でサインしました。
プロ4年目の今季は、セ・リーグ3位の打率.324に加え、
29本塁打(同3位)、89打点(同4位)と軒並み好成績を収め、
193安打は右打者としてプロ野球史上年間最多安打も達成しました。
11月には日米野球にも参加、注目が集まる中で巧みなバットコントロールも披露しました。

つづきはこちら


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2.今週のデータ分析【Student】

成績の維持 −出塁率(OBP)−


はじめに

前回の分析では、長打力(ISO:長打率−打率)を、
MLB全体から見て上位レベルの成績をどのくらいの期間維持できるのだろうかという観点から
データを見てみました。
結果としては、4〜5年の長期間にわたりMLBで上位の長打力を維持するのは難しく、
基準を達成した打者はほとんどいないことを確認しました。

つづきはこちら


DELTA関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html
___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
___________________________________

Delta's Weekly Report Vol.142

▼第142号
----------
2014/12/8
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.142
───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第142号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】


■News10 NPBストーブリーグここまでの動き

オリックス ブラ&バリ獲得を発表 瀬戸山本部長「日本での実績十分」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141206-00000042-dal-base
ハム栗山監督「賢介いると思っている」
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141206-1405495.html
デスパイネ、球団史上最高額で残留へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000340-sph-base
楽天、ミコライオと単年1億5000万で合意
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141206-1405589.html
来季8人? 巨人「助っ人補強」大迷走
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/340597/
阪神 FA補強は全滅濃厚…中村GM「そう見られても仕方ない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141206-00000073-spnannex-base
バレンティン、キャンプ開始間に合わず
http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/12/04/0007555914.shtml

今秋最後の記事は、News1で紹介した契約保留選手、自由契約選手のおさらいとして、
各球団現時点での支配下選手人数及び育成選手人数をまとめ、
今後の補強について占ってみましょう。

つづきはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2.今週のデータ分析【Student】

守備力(UZR)の安定性


はじめに

今回は、2013年と2014年の成績を使ってUZRの年度間相関を計算し、
NPBにおける守備力の安定性について考えてみようと思います。
2012年のデータも使うことを考えたのですが、
飛ばないボールの時代のデータなので、
一緒に分析してはいけないという明確な根拠があるわけではないのですが、
一応大事をとって分析からは除きました。

つづきはこちら


DELTA関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html
___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
___________________________________

Delta's Weekly Report Vol.141

▼第141号
----------
2014/12/1
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.141
───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第141号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.データボックス【2014Battedball】
5.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】


■News1 <特集>MLB史上最高契約の価値その1

スタントン、13年384億円の最高契約 マーリンズ発表
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40017_Q4A121C1000000/
13年で325億円って、どうよ? “史上最高額の契りを交わしたマーリンズとスタントン”
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014112020392501.html
スタントンの米スポーツ史上最高額契約の是非
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/watanabe/news/f-cl-tp0-20141120-1398572.html
スタントンとの史上最高3億2500万ドル契約に込められたマーリンズなりの本気
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014112600362801.html

MLBマーリンズに在籍するジャンカルロ・スタントン選手が結んだ
13年3億2500万ドルの契約に対する反響が大きいので、
今回改めて検証を行ってみたいと思います。

下記サイトで確認してもわかる通り、今回のスタントン選手の契約はMLB史上最大規模となり、
2000年オフにアレックス・ロドリゲス(現ヤンキース)が
レンジャーズと10年2億5200万ドルの契約を結んで以来、
14年掛かってようやく3億ドルのラインを突破しました。

【Cot’s Baseball Contracts】HIGHEST PAID PLAYERS
http://www.baseballprospectus.com/compensation/cots/league-info/highest-paid-players/

ロドリゲス選手以降、2億ドル以上の契約は2011年オフにアルバート・プーホルズ選手(エンジェルスと10年4000万ドル)が出現するまで11年掛かりました。それからは、

つづきはこちら


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2.今週のデータ分析【Student】

守備力の一過的な変動

はじめに

前回の分析では、守備力は成長するのかということで、
4年分のUZRの記録から成長したタイプの選手を見つけることができるかを分析してみました。
残念ながら成長したタイプの選手を1群として見出すことはできませんでしたが、
これは成長したタイプの選手がごく少数だったため
1群として抽出されなかった可能性が考えられます。
また、分析対象期間が4年と少し長かったのかもしれません。
4年間継続的に成長し続けるのは難しいことも考えられます。

今回のテーマはこのシーズン間の成績で見た守備力の一過的な変動です。
成績の安定性については分析しましたが、
ある年だけ急に成績が良くなったり悪くなったりする選手が
どれくらいの割合で存在するのかを分析してみようと思います。

つづきはこちら


DELTA関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html
___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
___________________________________

Delta's Weekly Report vol.140

▼第140号
----------
2014/11/24
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.140
───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第140号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.データボックス【2014投手WAR】
5.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】


■News1 MLBが設定した怪我予防へのガイドライン

投手故障防止に米ガイドライン発表
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20141114-1395977.html
ダルが米球界動かした!MLBと米国野球連盟が新ガイドライン発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000501-sanspo-base
ノーモア安楽!高校生は1日最高105球+中4日 米でガイドライン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000078-spnannex-base
日本もタイブレーク方式導入と球数制限を検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000079-spnannex-base

先週お伝え出来なかった話題の中に、米国の野球界が18歳以下の野球少年に対し、
具体的な球数制限のガイドラインを発表し、故障防止を働きかけました。
正確には、MLBと米国野球連盟がタイアップして基準を作り、
ガイドライン作成に関わったMLB機構のジョー・トーリ副会長は
「この活動であらゆるレベルの選手や指導者に予防のための知識を提供できる」
「医療専門家らと検討を重ねた。若い選手を守りたい」と語っていました。

つづきはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2.今週のデータ分析【Student】

守備力は成長するのか?

はじめに

前回の分析では、守備力(UZR)の安定性と年齢の関係を分析してみました。
今回は少し見方を変えて、そもそも守備力は成長するのか?
ということを分析してみたいと思います。

つづきはこちら

DELTA関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html
___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
___________________________________


selected entries

categories

archives