2012年07月12日のつぶやき

02:00
The Top-Ten Worst Players in Baseball History http://t.co/rFqRpN6N リプレイスメントレベルにも到達していない選手を起用しなければいけない状況。起用する側も辛かっただろうなと・・・
01:20
In Adoration of Andrew McCutchen (and Mike Trout) http://t.co/cBghf9n3 プロ野球選手にとって「若さ」ほど価値のあるものはない・・・。実力のある若手選手(さらにセンターラインの選手だと)の価値はプライスレス。
01:11
2012: Year of Reliever Whiffs | FanGraphs Baseball http://t.co/td7oxA2l これは今後の推移が気になる・・・
01:07
The Home Run Derby Curse | FanGraphs Baseball http://t.co/TclxuADE これ面白い
00:58
【広島】59分中断にも今村集中切れず http://t.co/98UoQi5J 中断挟んでそのまま投げさせたのも日米の文化の違いかな。とりあえず体に負担がかかってなければ良いですが・・・

2012年07月11日のつぶやき

00:16
What Greinke or Hamels Would Yield in a Trade | FanGraphs Baseball http://t.co/hZLUgaIh これ面白い

2012年07月10日のつぶやき

11:32
高木監督、G倒ローテ!中4日で吉見、騒動にケリ…中日 http://t.co/aOGpSri3 中日は強みである投手陣を1年間無理なく運用するのが最も利得を稼げると思うんですが・・・。シーズン終盤ならまだしも、この決断はリスクが大きい気がします。
09:55
さて、本日から日曜日まで出張。頑張ろう。 http://t.co/XI6k7tGF

2012年07月09日のつぶやき

13:09
Delta's Weekly Report Vol.19 http://t.co/sFJao2FK #jugem_blog
04:58
実装完了。今回は盛り沢山ですね。関係者の皆様毎度ありがとうございます。
01:53
Quantifying the Ability to Hit the Ball Hard http://t.co/ge7OC9gW これタイムリーだな・・・

Delta's Weekly Report Vol.19

▼第19号
----------
2012/7/9
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.19

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第19号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【Student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】


■番外 西武・渡辺久信監督の苦言はチームの発奮材料となっているか?

開幕からなかなか勝てないゲームが続いていた西武でしたが、6月以降着々と借金
を減らし、勝率5割まであとわずかという位置まで上ってきました。ただ、西武の渡辺
久信監督の談話は、例年以上に厳しい表現が増えています。
ただ、インタビュー記事をよく読んでみると、渡辺監督は若手・ベテランを問わず厳し
い言葉を投げかけてはいるようですが、言葉を荒げているわけではないようです。し
かし敗戦時での談話などはとにかく悲観的。平静を保ちながらコメントしているようで
も、言葉の節々から発せられるネガティブな表現が見られ、それがマスコミに取り上
げられています。そのせいか、成績以上に「今年の西武は弱い」というムードができ
てしまっているようにも思います。

この渡辺監督の気になる発言をちょっとまとめてみますと、

西武・渡辺監督 3連敗の涌井は「勝つピッチャーに求められる条件が揃っていない」(4月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000019-spnavi-base
西武・渡辺監督、辛島にプロ初勝利献上「策がなさすぎる」(5月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000025-spnavi-base
西武・渡辺監督、先発岸に苦言「やっちゃいけないことをやった」(5月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000033-spnavi-base
西武・渡辺監督、9回無死満塁の好機逃がし「こっちが追い込まれている」(5月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120523-00000020-spnavi-base
西武・渡辺監督、逆転負けに「最低なゲームだった」(6月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000032-spnavi-base
西武・渡辺監督、ヘルマンの満塁弾に「正直、ビックリ」(6月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120630-00000025-spnavi-base
西武・渡辺監督、KOされた平野に苦言「問題外」(6月25)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120625-00000014-spnavi-base
西武・渡辺監督、5失点の西口に「2軍で考えてもらう」(7月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000016-spnavi-base

監督就任1年目で日本一に輝き、著書「寛容力〜怒らないから選手は伸びる」を書い
た人物とはとても思えない発言がつづいているのがわかっていただけるでしょう。この
渡辺監督の苦言にチームが発奮しているかどうか、星勘定のグラフと重ねてみると、

http://deltagraphs.co.jp/mailmag/2012-019/20120709watanabe.PNG

と、監督の発言によって「勝ったり負けたり」を繰り返しているようにも見えますが、見
方によっては監督の叱咤によりチームが踏みとどまっていると解釈をする人がいるか
もしれませんが、少なくとも渡辺監督のコメントでチームの士気が上がっているように
は感じません。
プロ野球の世界に限らず「第三者を通じ批判的なコメントを耳にしてしまう」と、人間関
係は悪化するものです。日本のスポーツ界では学生時代などより先輩後輩などの上
下関係があたり前に存在したため、「叱って伸ばす」ことは長い間肯定されてきました。
指導者が選手に厳しく接することは問題がないどころか、推奨されていたともいえま
す。有名なスポーツ指導者の逸話には必ず「厳しさの中にも思いやり」があり、その
厳しい指導を受けたからこそ一流になったという話は数多く残っています。監督の苦
言がこうして記事になるのは、叱ることで発奮を呼ぶと信じられているからこそだと思
われます。
ゆえに監督の苦言の影響範囲は大きくなり、一度話題にされれば選手の価値は著し
く下がります。成績が下降していた涌井投手はもちろん、先発ローテーション当落選
上だった平野将光投手、パワー不足と見られていたヘルマン選手への苦言は「わざ
わざ監督がチームの失態や弱点を誇張するような発言」に聞こえ、あえてする意味
はどこにあるのかと不思議に思うこともあります。
発言の裏が読み取れるような熱心にチームをウォッチし、頻繁に球場へ足を運ぶフ
ァンばかりではなく、スポーツ紙の見出しの印象がチームや選手のイメージのすべて、
という人々もいます。それを意識し、苦言を呈するメリット・デメリットを判断する必要
があるのではないでしょうか。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4.お勧め書籍


オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478015449/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478015449&linkCode=as2&tag=deltagraphs-22

「その数学が戦略を変える」「分析力を武器とする企業」「ヤバイ経済学」などの書籍を
面白いと感じる読者なら、この書籍は必読です。
各種スポーツを扱っていますが、野球はPitchf/xデータをはじめかなりの分量の分析を
しています。アプローチはまさにセイバーメトリクスそのもので、この著者がセイバーメト
リクスの研究をどの程度知っているのかは不明ですが、その分析結果は現状のセイバ
ーメトリクスで出されたものとほとんど変わりません。
スポーツはこれまでのデータを数理的に分析するだけも、各競技の構造を理解すること
が出来ます。このアウトプット部分の進化にインプット部分の技術革新(ビッグデータ)が
加わりつつあるので、今後も競技の構造理解は飛躍的に進むと思われます。
この流れはスポーツに特化した動きではなく、一般の汎用的な業種にも広く応用できる
手法で、自分の業界を構造分析してどの様な結果を求めていくのかを考える上でも、
非常に参考になる書籍だと思います。


推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865

___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------


selected entries

categories

archives