2012年04月03日のつぶやき

18:04
Joey Votto’s Massive Extension Changes the Game http://t.co/NRPRGaS4

2012年04月02日のつぶやき

10:34
Delta's Weekly Report Vol.5 http://t.co/6Z9pzzL9 #jugem_blog

Delta's Weekly Report Vol.5

3/5からメールマガジンを開始しました。
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」の有力分析者が
先週のニュースを深読み。MLB最新分析の要約と解説も行っています。

▼第5号
----------
2012/4/2
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.5

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report5号のメニューはコチラです。


今週の目次

1.今週のピックアップニュース
2.MLB最新分析事情
3.解説偏
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────
1.今週のプロ野球ピックアップニュース


■10位
<開幕特集>セパ・資金面から戦力増強を図る1

先月30日に開幕したプロ野球は、早くも盛り上がりを見せていますが、今回はメディアソ
ースに頼らない独自分析を8位から10位の中で紹介したいと思います。オフの間に各球
団は、資金を費やしながら戦力増強を図ってきましたが、金銭的にはどの球団がどれだ
け力を入れてきたのでしょうか?ここでは、時事的なニュースだけでは図ることが出来な
いチーム総予算(トータルペイロール)の他に、『新戦力投資金額』『既存戦力投資金額』
も交えながらそれぞれの補強具合を調べてみることにします。


1)新戦力に投資した球団は何処か?

オフのニュースでは、FAで杉内俊哉投手や村田修一選手などを獲得した巨人や、ブラッ
ド・ペニー投手など外国人の補強に力を入れたソフトバンクが目立っていましたが、代わ
りに抜けた戦力も大きかったことは確かです。最初は、入団・退団した選手達の年俸と相
殺した金額を出してみましょう。

※単位は万円
※入団選手は新人、外国人選手を含むが、契約金及び出来高は含まず

<パ>
         加入     退団    増減
ソフトバンク  64,700    ▲129,190  ▲64,490
日本ハム    16,470    ▲64,180  ▲47,710
西武      42,600    ▲48,900   ▲6,300
オリックス   55,550    ▲72,680  ▲17,130
楽天      31,550    ▲89,180  ▲57,630
ロッテ     23,900    ▲31,400   ▲7,500

<セ>
         加入     退団    増減
中日      15,700    ▲32,910  ▲17,210  
ヤクルト    16,700    ▲66,530  ▲49,830
巨人      97,960    ▲150,860  ▲52,900
阪神       4,850    ▲20,550  ▲15,700
広島      13,060    ▲30,850  ▲17,790
横浜DeNA   63,110    ▲82,290  ▲19,180

予想通り、新入団選手に投資した球団は巨人とソフトバンクで1位と2位を占めましたが、
退団した選手達の年俸はそれを大きく上回り、(加入−退団の)増減から言えばそれぞ
れリーグで最も節約した球団だといえるでしょう。特に、ソフトバンクは国内の有望選手
については帆足和幸投手くらいしか積極的に動かず、ペニー投手の出来高が総額7億
円近くになることを考えれば、やや短期的視野の投資だったことがわかります。

意外だったのは、新球団横浜DeNAが投資額では3位に食い込みました。他球団を退団
したラミレス選手やジオ投手、FAの人的保障で藤井修梧投手などベテランの獲得に力を
入れたことが原因となっています。楽天は星野仙一監督の要望も空しく、主力選手の補
強はホセ・フェルナンデス選手の獲得程度に留まり、先日オリックスに入団が決まった井
川慶投手の獲得競争にも早々と脱落していました。また、セでは阪神が中心選手の引き
留めで精一杯だったためか、新入団選手で最も年俸が高かったのはドラフト1位の伊藤
隼太選手だったというのは驚きです。また、ダルビッシュ有投手(現レンジャーズ)、青木
宣親選手(現ブルワーズ)をポスティングで放出した日本ハムとヤクルトは、少なくとも金
銭面では穴埋めをしたとはいえない状況です。

そんな中、西武とオリックスは比較的戦力増強に力を注いだといえるでしょう。共に海外
リーグから獲得が目立っており、特に井川投手を獲得したオリックスの意気込みは相当
なものを感じます。この2球団を優勝候補に挙げる評論家やファンが多いのも、こうした
戦力の上がり目に着目すれば自然な現象だともいえるでしょう。

続きはこちら


推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865

___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------

2012年04月01日のつぶやき

19:02
出張無事に終了。 http://t.co/jvoWCut2

2012年03月30日のつぶやき

02:07
「開幕は1350分の9」オリックス岡田監督 開幕投手はフィガロ http://t.co/q93vIcu0 岡田監督のシーズン運用の単位を表していますね。先発○○で■■■イニング担当させ年間で○○○失点くらい・・・。チーム運用が上手なのは単位(尺度)をしっかりしているからかも。
00:43
http://t.co/R54OHWiP 昨日に引き続きセイバーメトリクス・リポートでも執筆頂いた道作さんがセ・リーグの順位を予想してます。


selected entries

categories

archives