2012年05月25日のつぶやき

23:31
Which starters have lost the most velocity since 2011? http://t.co/Yh3gE1CB ちょっと注意が必要なリストともいえそうです・・・
23:29
Visualization: Vertical spray chart http://t.co/UIwJKf3x 野球データの新しい見方になりそうですね。改めてPitchf/xは野球の見方を一変させるデータですね・・・
23:24
Why the Phillies Should Trade Cole Hamels http://t.co/i0S3d6Is
23:18
Neftali Feliz: Messing with a Good Thing | FanGraphs Baseball http://t.co/ZN9xmEDs 投手の繊細さを感じさせるデータ。球種が増えた方が単純に考えてしまいますが、そう簡単なものではないですね・・・
23:08
Shin-Soo Choo’s Batting Average on Balls in Play | FanGraphs Baseball http://t.co/Ttmm1pqC 高BABIPの代名詞はイチローからChooに変更ですかね・・・

2012年05月22日のつぶやき

09:53
本日から出張。 http://t.co/Pi6vjLH2
00:47
Who Get's the Scoop? Major League Reporters, Ranked. 2011-12 Edition by @Dave_Gershman http://t.co/C2KxkSsb これ面白い

2012年05月21日のつぶやき

20:30
A Graphic Look at Josh Reddick vs this Offseason's FA OF (INFOGRAPHIC) Reddickは勿体無かった・・・
20:25
If Lance Berkman Retires... http://t.co/uquyyILB
20:25
Delta's Weekly Report Vol.12 http://t.co/aPF1Iayw #jugem_blog
02:48
メルマガ配信設定終了。ストラスバーグ見るかな・・・

Delta's Weekly Report Vol.12

3/5からメールマガジンを開始しました。
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」の有力分析者が
先週のニュースを深読み。MLB最新分析の要約と解説も行っています。

▼第12号
----------
2012/5/21
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.12

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第12号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース
2.今週のデータ分析
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────
1.今週のピックアップニュース


■3位
得点圏打率1割7分1厘のイチローに指揮官不満「もっといい仕事を」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120518-00000075-spnannex-base

どうした?イチロー 3度の得点機に安打なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120518-00000049-spnannex-base

シアトル・マリナーズのイチロー選手は、今季から3番に入り現在打率.281、1本塁打、
14打点の成績を残しています。ところが、得点圏に走者を置いた場面では打率は.167
と大きく落ち込んでいて、それがマリナーズのエリック・ウェッジ監督の不満の種にな
っているようです。現在のイチロー選手の打点ペースは年間54点で、リードオフに座
っていた昨年よりは多くなるペースであることは確かです。しかし、3番打者としては最
低でも80打点はほしいところ。現実的にはその前の打者の出塁率が大きく影響するこ
とから絶対条件ではありませんが、還る立場から還す立場になったイチロー選手の変
身に大きな期待を寄せているファンが多いのも事実でしょう。

今季のイチロー選手の安打は、糸を引くようなラインドライブ性の安打が目立っており、
その点では世界最高レベルの打撃技術をしっかり発揮しているようにも見えますが、
今季ここまでのBABIPが.294と、昨年(.295)に引き続きイチロー選手の数字としては
極端に低い数字が出ていることに一抹の不安を覚えます。一部では、特殊なヒットゾ
ーンを持つイチロー選手に対する守備陣形のシフトが年々研究されていて、イチロー
選手の成績は特定のチームに対し下降が顕著、という指摘があります。


同じア・リーグ西地区の対戦成績を見ると

エンジェルス  打率.319(.333/.359/.263)
アスレチックス 打率.340(.424/.284/.333)
レンジャーズ  打率.263(.313/.282/.187)
※( )内は、2009/2010/2011の打率

と、レンジャーズに対する相性の悪さが気になります。また、イチロー選手が得意とし
ている内野安打についても、ゴロ打球が安打になる割合が2009年の16%をピークに
15.8%→10.0%→8.2%と数値が下降しています。レンジャーズの内野陣は、エイドリ
アン・ベルトレ選手(3塁)、エルビス・アンドラス選手(遊撃)、イアン・キンズラー選手
(2塁)といずれも名手ではありますが、一昨年あたりからイチロー選手の内野ゴロを
ヒットにさせないプレーが目立ってきています。それゆえの打率降下なのか、それとも
別の要因があるのかは探ってみたいテーマの1つです。

明るい兆しとしては、今季のイチロー選手の長打発生率(安打数に対する)は22.9%
と、03年の23.6%、05年23.3%に次ぐ過去のキャリアの中で3番目の値となっていま
す。3番に入ったことで長打を意識する面も増えてきている証拠かもしれません。こ
の件については、もう少しデータが溜まった時点で再度検証してみましょう。

続きはこちら


推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865

___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------

2012年05月19日のつぶやき

08:43
Kerry Wood Calls It A Career | FanGraphs Baseball http://t.co/Md93Kpj7


selected entries

categories

archives