侍ジャパン

夕刊フジさんから取材を受け記事が掲載されたので、

セイバーメトリクスで見るベストの侍ジャパンは?

選出において考えたことをまとめました・・・


■発表された日本代表について



投手陣は本来選出されるべき投手が、オーバーホールに入っている為、
比較的若い年齢構成になっている。
先発では大隣・大竹などが今季2ケタ勝利を記録し主戦力となるところだが、
FIP(奪三振・与四死球など再現性の高い項目から投手能力を評価)で見ると
やや代表としては物足りない内容。

RAR(控えレベルの投手に比べ失点を抑えた割合)でも
30以上を記録した先発投手は大隣のみと、
能力と稼働量を掛け合わせた内容でも頼りになる投手はそれほど多くはないだろう。

ブルペンに目を向けると今村(広島)・森福(ソフトバンク)は
本予選でも代表候補にふさわしい成績を残している。

筒井(阪神)などが左打者に対して結果を残すと、
山本監督にとってオプションが広がりそうだ。




打者は投手に比べかなり本予選に近い選手が選出されている。
阿部・坂本・長野(巨人)、糸井(日本ハム)、松田(ソフトバンク)は、
得点への貢献が高く
(wOBA=1打席あたりの得点貢献、wRAR=控えレベルの選手に比べた得点貢献)、
今後メンバーの変更があってもレギュラーとして
スタメンに名を連ねる可能性が高い。

一塁・二塁・左翼・指名打者のポジションを残りのメンバー争うことになるが、
各球団の故障者を考えてもこれ以上のメンバーを選ぶのは難しそうだ。
セカンドの人材が薄く見えるが、本多は守備面(UZR)で15ほどの失点抑止力を持ち、
井端も昨年はセカンドで充分な守備力を維持している等、
投手を助ける布陣と見ればそれほど問題がある選出ではないだろう。



■2012年成績から見るベストメンバー



投手陣は多くが変更される。
(実際に大幅なメンバー変更が見込まれる)

田中(楽天)
前田(広島)
吉川(日本ハム)
岸(西武)
杉内・内海(巨人)
摂津(ソフトバンク)
能見(阪神)

などが能力面から選出されるべき戦力なのは間違いない。
特に田中は1か月離脱しながらも傑出した投球内容で、
日本代表のエースとして充分な成績を残している。

さらに、摂津は牧田(西武)等と同様にブルペンで起用するオプションもあり、
日本代表の運用に柔軟性を与えるかもしれない。

ブルペンの構成は平野(オリックス)山口(巨人)がブルペンの中心になるのが理想だ。
さらに山井(中日)増井(日本ハム)益田(ロッテ)などが、
その前のイニングを担当すれば、他国に対しても強みになりそうだ。





野手は今回のメンバーをベースに数名を加えた。
西武の中島はFAでメジャーに挑戦する見込みなので選出は難しいかもしれない。
しかし、高い打撃力は魅力で、遊撃守備に課題がありショートで起用することは難しいが、
三塁・一塁・指名打者で起用できると得点力アップが見込める。
(故障から回復するのが条件だが)同僚の中村も数少ないパワーヒッターとして、
同様の役割が期待できる。

現在の構成では一塁・指名打者と二塁手に課題があり、
補強したいポイントといえるだろう。

一塁手はT-岡田の一塁起用がベースだろうが、
ヤクルトの畠山もまずまずの攻撃力を誇っているので、
最終候補として適応力を見るのも面白いだろう。

二塁手には阪神の鳥谷を加えるのが現状だと最も有効な選択になる。
遊撃が本職だが、高い出塁能力と遊撃でも充分な守備能力を誇り、
日本代表に貢献できるだろう。

このメンバーにMLB所属選手を加えることが出来れば
ある程度の結果を期待しても良いだろう。





この秋、デルタでは日頃より分析活動に協力いただいている方々のご協力を仰ぎ、
「セイバーメトリクス・マガジン1」を発行しました。


NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です


___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------


2012年11月08日のつぶやき

20:00
Using WPA to grade bullpen management, part one http://t.co/DBC6K4a1
18:43
野球オタクには有名だったNate Silverがこんなに取り上げられるとは・・・ 真面目な話、野球でも選挙でも優れたモデルを示した彼は、実力だけでなく分析対象の選び方でもセンスが良い。結果が明確でファンの多い野球を選び実績を残し、さらに関心の高い選挙に転向し名声を高めた。完璧だ!
17:07
ゴールデングラブ賞とは別に、パ・リーグだと3B松田(H)、SS金子(F)今宮(H)は評価したい(CLは分析できていないからそのうち・・・)。
12:32
“@ESPN_MLB: Epstein, Hoyer use Billy Beane method to improve http://t.co/hq3kQtZt” うむ。
11:51
DeNAが色々な選手に対して獲得意思を表明するのは、球団のイメージを変える効果もありそうで悪くない。これまでだったら、相手にして貰えなかったレベルの選手でも、現在なら選択肢のひとつとして見てもらえるかも。球団イメージの改善は再建に欠かせない要素。もっと引っ掻き回して貰いたい。
09:45
Nate Silver相変わらず凄いね。野球の色が薄れちゃって寂しいけど、サイトの見せ方が野球がベースにあることを伺わせますね・・・
09:32
北-土屋の件でDeNAは来季の目標設定を高めに設定しているんでしょうね。未来のリターン(北の大成)よりも再建のスピード(左の中継ぎ)を優先したと。両球団の需要は満たしてるけど、北は横浜の上位プロスペクトなのでハムが得かなと感じてしまう。
09:23
DeNA・北と日本ハム・土屋をトレード http://t.co/8PcnmJix DeNAは北選手出して良いの?高田GMとハムフロントの強いパイプがあるとはいえ、日本ハムにとっては大きな利得を稼ぐ可能性のある選手を取れましたね。

2012年11月07日のつぶやき

21:31
前職で結構厳しい指摘をして、新たな道を半ば強引に歩ませた元アルバイトの子と仕事をする機会がありました。こちらを怨んでもおかしくないのに、わざわざ私を指名してくれたようです。取材の対応も丁寧で成長を感じました。明日(?)の記事楽しみにしています。
09:30
DeNAのpayrollの天井はどのあたりかな・・・。 球界に投じられるお金が増えるのは良いことですね。
08:08
本日から出張。頑張ろう。 http://t.co/U4GZgwSp
01:24
西武・原とオリックス・山崎がトレード西武は http://t.co/C8tjsNiX 西武はSSのリプレイスメントレベルは確保。有望株選手を起用する最低現の準備はしたと・・・ あとは期待の選手が本格化するまでにどのくらいの時間がかかるかになりますね。

2012年11月05日のつぶやき

18:03
【日本ハム】英語通訳募集!http://t.co/pr25MZUy
14:42
Tommy John Surgeries: A More Complete List http://t.co/ExYXjqwK 面白い
10:05
Delta's Weekly Report Vol.36 http://t.co/Bwvf6Yz3 #jugem_blog
02:51
実装完了。関係者の皆様、毎度ありがとうございます。
00:46
(なんとなく)チームの機密情報が漏れる割合とチームの勝率って相関ありそうだな・・・

Delta's Weekly Report Vol.36

▼第36号
----------
2012/11/5
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.36

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第36号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【Student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】

■3位 今季の沢村賞、やはり「勝利数」がポイント

沢村賞にソフトバンク・攝津 両リーグ最多17勝を評価
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121029-00000085-spnannex-base
鷹・攝津が沢村賞、委員会「議論百出だった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121030-00000029-sanspo-base
完投少ない 沢村賞は該当者なしの声も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121030-00000051-spnannex-base

事実上日本一の投手を決める沢村賞の発表が今週29日に行われ、ソフトバンクの
攝津正投手が初めて選出されました。攝津投手は7つある選考基準のうち、5つをク
リア。対抗馬として候補に上っていた前田健太投手(広島)の方が有利な成績に見え
ましたが、両リーグ最多の勝利数(17)が決め手となり、攝津投手の受賞が決まった
ようです。

【参考1】攝津と前田健 両投手の成績
登板 防御率 勝利 投球回 勝率 奪三振 完投
攝津 27 1.91 17 191.1 .773 153 3
前田健 29 1.53 14 206.1 .667 171 5

このように並べると、選考基準はそれぞれ5つづつクリアしていますが、両者を比較す
ると攝津投手が前田健投手を上回っているのは勝利数と勝率のみ。前田健投手があ
と1勝を上積みし、チームもCSに進んでいればどうなっていたでしょうか?しかし、投
球内容及びチームへの貢献度を考慮すると、摂津投手の方に分があるデータも数多
くあります。

つづきはこちら



推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

デルタ関連書籍
http://deltagraphs.co.jp/delta_books.html


この秋、デルタでは日頃より分析活動に協力いただいている方々のご協力を仰ぎ、
「セイバーメトリクス・マガジン1」を発行しました。
http://deltagraphs.co.jp/magazine01.html


NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865


___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------


selected entries

categories

archives