2012年07月18日のつぶやき

17:21
Brett Lawrie?Best Defensive Third Baseman in Baseball? | Articles | Bill James Online http://t.co/AD4pg1ug シフト考慮でまた一歩前進か・・・

2012年07月16日のつぶやき

23:31
Baseball Prospectus | Baseball Therapy: It's a Small Sample Size After All: http://t.co/hksLguaB これは大事
16:22
ドイル投手は5回打者21人に対してゴロ5,フライ5(内野1),ライナー2、三振5、四球2、死球1、犠打1の内容。打球管理面はもう少しデータが欲しいところ。三振をとれたのは収穫ですが、(カーブで)見逃し三振が多かったので、球種が分かった相手にこれを続けられるかがポイントですかね。
13:55
Hドイル見ますか。
12:42
Delta's Weekly Report Vol.20 http://t.co/0KM3XLbV #jugem_blog

Delta's Weekly Report Vol.20

▼第20号
----------
2012/7/16
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.20

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第20号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【Student】
3.☆☆特集☆☆ フラッグディール【高多薪吾】
4.セイバーメトリクス記事紹介
5.お勧め書籍

───────────────────────────────────

3.☆☆特集☆☆ フラッグディール【高多薪吾】

○NPBを活性化するフラッグディールを考える


近年のNPBは、大型トレードというものが極端に少なくなってきました。かつては小山
正明(阪神)と山内一弘(大毎)、江夏豊ほか(南海)と江本孟紀ほか(阪神)、田淵幸
一ほか(阪神)と真弓明信ほか(太平洋)、秋山幸二ほか(西武)と佐々木誠ほか(ダ
イエー)といった大型案件が電撃的に発表されては、球界の構図をドラスティックに変
えたものでした。今ではFA移籍があり、毎年オフには何かしらの〈動き〉が生じるので、
大型トレードが減ったせいでファンが退屈するということはないとは思いますが、やは
り突如降って湧く大型トレードのような驚きはないと思います。
そして、FAはオフに交渉が行われるものですが、トレードはシーズン中にも実施でき
る補強という特徴があります。優勝争いに加わっている球団が選手のケガ等で戦力
を落とし、その穴を支配下選手だけでは埋めきれず、他の部分で多少の出血をして
も、今すぐ必要な選手を補強したい――そんなときにも選べるのがトレードという選
択肢です。

メジャーリーグには「フラッグディール」なる言葉があります。すなわち、フラッグ(優勝
旗)を狙うためのディール(商談)。優勝を狙うチームが、若手有望株を差し出すかわ
りに即戦力となるエース級や4番打者を獲得するというものです。こうしたディールは
裕福な一部球団だけでなく、どちらかというと資金面で苦戦している球団がここぞと
ばかりに力を入れる光景が目立っています。典型的な例としては、08年のブルワー
ズがCC・サバシア投手をインディアンスから獲得し念願のプレーオフ進出を果たしま
した。サバシア投手がすごかったのは、11勝2敗防御率1.65という数字を残したのは
もちろんのこと、シーズンの約半分でチーム完投数の58%を数える7完投を記録し、
文字通りチームを支える活躍を見せたことです。さらに、土壇場では中3日での登板
を続け、プレーオフ進出がかかったシーズン最終戦も同じく中3日ながら9回を122球
で投げ切って完投勝利。サバシア投手はその年限りで移籍してしまいましたが、ブル
ワーズに82年以来16年ぶりの悲願を達成させた活躍は語り草です。

本来であれば、こうしたトレードはデータ解析やチーム力の分析が進歩するのと同時
に日本でも増えていってもおかしくはない話です。ところが、前述した大型案件が出
てこないばかりでなく、「トレード=不要な戦力の切り捨て」に映る商談ばかりが増え、
うまく活用いている様子は見られません。
うまいトレードをすれば、さらなる好成績に手がとどくはず、と思わせる球団は毎年の
ように見られます。今シーズンなら、現在パ・リーグの3位につけている楽天。その課
題が長打力不足なのは明白です。今シーズンは投手陣がかなり充実しクライマック
スシリーズ(CS)出場の機運は高まっています。しかし、ぽっかりと空いた長打力不
足という穴がある以上「CS止まり」という見方も強いのもまた事実。楽天がこのチャ
ンスを生かしリーグ優勝、もしくは日本一を狙うのなら、それを実現させるための大
掛かりな補強=トレードは非常に有効な手段であるはずです。

続きはこちら


推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865

___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------

2012年07月15日のつぶやき

00:24
Managing Strasburg’s Second Half http://t.co/pJ3Ta36i 後半戦に向けてどう運用するかは見物。
00:16
Reviewing the Top 100 Prospects List, 25-1 http://t.co/VBNjFtsE 順当なところですかね・・・

2012年07月13日のつぶやき

00:00
ソフトバンクのダン・ジョンソンの件。事実なら、この時期の限られたオプションの中ではかなり理に適った選択だと思う。高出塁能力とISOは魅力的・・・


selected entries

categories

archives