2012年08月21日のつぶやき

23:57
当初は中島復帰で余剰気味と思われた構成も、結果的に主力の故障や不調を補ってる。栗山離脱も出遅れたカーターと補強のオーティズ含めオプションはありそう。誰もが問題と考えたブルペンを現場が再建、編成が長所(攻撃力)を更に伸ばす選択はここまでは成功。改めてシーズン乗り切るには物量が大事と
09:50
本日から出張。頑張ろう。 http://t.co/UjUJGm0g

2012年08月20日のつぶやき

11:53
Delta's Weekly Report Vol.25 http://t.co/v3qAkQMB #jugem_blog
04:24
ただ、GM制を敷いたことで劇的に何かが変わることはない(制度に期待しても意味なし)。このシステムを上手く機能させるには(当たり前ですが)人が最も重要。GMやGMを支えるスタッフが優秀なら再建も早まるでしょうね。
04:15
しかし、GMが一昔前に比べると増えましたね。制度に振り回されている面もありますが、役割/責任を明確化するにも、ワンマン監督(編成)の暴走を止める上でも良い方向に向かっていると思う。今後は制度の利点を生かして、合理的な球団経営をしていかないと生き残れないですよね。
04:12
阪神、GM制導入を検討 中村勝広氏が最有力候補 http://t.co/SFxzRppC 日本球界だとGMと呼ばれている人の権限が制限されているケースが多い。再建を目指しGM制度を導入するのは良いことですが、権限をどれだけ委譲出来るかが最初のポイントになるんでしょうね・・・
04:08
実装完了。関係者の皆様毎度ありがとうございます。

Delta's Weekly Report Vol.25

▼第25号
----------
2012/8/20
───────────────────────────────────
          Delta's Weekly Report

              Vol.25

───────────────────────────────────
Delta's Weekly Report第25号のメニューはコチラです。

今週の目次
1.今週のピックアップニュース【高多薪吾】
2.今週のデータ分析【Student】
3.セイバーメトリクス記事紹介
4.お勧め書籍

───────────────────────────────────

1.今週のプロ野球ピックアップニュース【高多薪吾】


■6位 慣習と世論の狭間で見出せない結論 改めて問われる高校野球の体質

作新学院野球部員が強盗容疑・・・甲子園応援の翌日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000192-yom-soci
高野連幹部、作新学院の試合差し止めを否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000242-yom-spo
部員逮捕の作新学院、3回戦辞退なし・・・岩嶋部長「3年生の気持ちを尊重」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000025-dal-base
部員逮捕も・・・作新学院が接戦制しベスト8進出「前を向いて試合を・・・」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120819-00000023-dal-base

現在、夏の甲子に出場している作新学院(栃木)の野球部員が、先週17日に強盗などの
容疑で宇都宮署に逮捕されていたことが判明しました。この部員はベンチ入りしておらず、
9日に行われた1回戦はスタンドで応援していた模様。その後、地元に帰った10日に犯行
に及んだとみられています。
この件について、作新学院の長谷川勝比古校長は「責任を痛感する」と被害者に謝罪す
る一方「学校の管理時間外に生徒個人が起こした事件で、出場辞退は考えていない」と
会見しました。また、日本高等学校野球連盟(高野連)の幹部からは「登録外の選手が単
独で起こした犯行で、部活動や学校の管理を離れての犯行だったと聞いている。これま
での報告を聞いた限りでは試合を差し止める状況にはないと判断している」(読売新聞)
と辞退を求めない方針が述べられました。なお、毎日新聞でも「学校外の非行で、甲子園
に出場しているチームとは直接関係ない。このような場合はチームの責任を問う対応はし
ておらず、これまで通り、チームの出場は認める結論を出した」と若干ニュアンスが違いま
すが、ほぼ同じ内容の報道がされています。
こうした動きに対し、世論はなんらかのペナルティを求める声が少なくありません。
以前は、部員の不祥事はおろか学校内の生徒が事件を起こしただけで出場停止を決め
た例は数多くあり、行き過ぎた清楚潔癖さが問題視されたこともありました。しかし、こうし
た連帯責任を課す習慣は時代とともに緩和され、最近は甲子園出場決定後に取り消され
る例は、ほとんど見られなくなりました。
そうした変化への反動かもしれませんが、インターネットなどでは生徒の行動を問題視し、
極端な意見の中には作新学院の出場を指し止める声もあるようです。
高野連と世論、どちらが正しいのかは各々で判断すべきでしょう。過去の高野連は事実
の一端だけを取り上げ、出場停止などの処分を強権的に行っていたのは明らかでした。
高野連は対外試合の禁止など、高校の部活動に直接影響力を保持してきましたが、本
来、部活動をどのように行い、管理していくかは、高校のルールに基づくのが筋であるは
ずです。
犯罪行為を行ったと見られている生徒の行動は、決して許されるべきものではありません
が、問題の解決を図るべきは高校側、すなわち教育の専門家であるべきだと思います。
よって、今の段階では作新学院が下した、甲子園出場を制限するものではないと判断を
尊重すべきですが、後に生徒の容疑が部活動との関わり合いが判明するようなことがあ
れば、しっかりと責任の所在を明らかにし、今後の部活動の在り方を正すべきでしょう。
人間である以上、絶対に罪を犯さないとは限りません。高校球児だからクリーンというも
のでもありません。それがわかっていながら人が「清楚潔癖な甲子園」を求めてしまうの
は、どうしてなのでしょう。

続きはこちら


推奨書籍
http://deltagraphs.co.jp/bookstore.html

NPB初のbaseball Annual
「プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1」発売中です
http://www.amazon.co.jp/deltagraphs-22/dp/4880652865

___________________________________

メールマガジン「Delta's Weekly Report」

☆発行責任者:合同会社DELTA
☆公式サイト:http://deltagraphs.co.jp
☆問い合わせ:info@deltagraphs.co.jp
----------------------------------------------------------------------

2012年08月17日のつぶやき

01:44
The Jon Lester Reclamation Project | FanGraphs Baseball http://t.co/CQT7tftE これ面白い
01:37
Johnny Pesky, 1919?2012 http://t.co/QRwHXD7h
01:37
The WPS Index (part two) http://t.co/mQarZIyG
01:35
The WPS Index (part one) http://t.co/b6Jk0bLM

2012年08月14日のつぶやき

23:10
キャプテンシーを高く評価されてきた選手らしい引退表明のタイミング・・・
02:48
WBC条件見直し要請、米が拒否 http://t.co/CE3Ao5gB まぁ、そりゃそうでしょね・・・
01:37
Can Mark Buehrle win 300 games? http://t.co/FaTj0SKs
01:35
Aramis Ramirez' Quietly Good 2012 Campaign http://t.co/Xiicrfpz
01:31
Here Come The Rays | FanGraphs Baseball http://t.co/3NeQKNcC
01:26
【広島】入団テストやります! http://t.co/U5uOa6p0
01:24
Delta's Weekly Report Vol.24 http://t.co/0XWfs8hw #jugem_blog


selected entries

categories

archives